安心・安全のための取り組み

安心安全のための取り組み|アクアドールヴィーナス

「JIS認定」「M.Wigマーク」は安心と、真摯な姿勢の表れ。

JISマーク・MWig認定マーク

「アクアドール ヴィーナス」シリーズのウィッグは、JIS認定を取得しています。そして、JIS認定を受けていないと申請できないM.Wig認定も受けています。

きちんと作られたウィッグでなければ、JIS認定は取得できません。

アクアドール ヴィーナスは2016年1月、経済産業省JIS認定「医療用ウィッグ」の認定を受けました。日本工業規格(JIS規格)の4つの認証試験すべてに合格したのです。

4つの認証試験


いま、医療用ウィッグを名乗る条件はありません。上に挙げた認証試験も、クリアしてもしなくても医療用ウィッグと売り出すことはできます。そのため、お客様が「どれがいいのか分からない」「何を根拠に選んだらいいのか分からない」という現状があります。私たちから見ればとても医療用ウィッグとは言えない、粗悪品を目にすることも多いです。

だからこそ私たちは義務ではないこの試験も受け、合格してJIS認定を取得しました。ウィッグそのものの品質はもちろん、ウィッグへの真摯なスタンスを汲んでいただければ嬉しいです。

M.Wigとは

M.WigのMは「Med(Medical)」のM。日本毛髪工業協同組合が行う、医療用ウィッグとして適した製品かという認定です。
※日本毛髪工業協同組合のM.Wigサイトはこちら

Med・ウィッグ認証部会からJIS適合製品だと認められるだけではなく、日本毛髪工業協同組合に加入していることもM.Wig認定の条件。申請して審査を受けるには時間もかかりますし、コストももちろんかかります。 それでもJIS取得してM.Wig認定を受けたのは、「きちんと作った」ウィッグを使ってほしいと願っているから。

先にも書きましたが、医療用ウィッグには法的な規制はありません。M.Wigの認定も、受ける義務はないのです。
しかし、ファッションウィッグをそのまま医療用ウィッグだとうたって販売しているケースも多く、医療用ウィッグとは名づけられているものが多すぎて、どれが良質なウィッグなのかが埋もれて分かりにくいのが現状です。実際にM.Wig認定が生まれたきっかけも「患者の方からどんなウィッグが良いかという質問に答えられない」という医療機関の声にあります。

JIS規格・安心安全への取り組み|アクアドールヴィーナス

「二重検品体制」はアクアドールの自慢です。

検品の様子|アクアドールヴィーナス

アクアドール ヴィーナスは、生産工場での検品に加え、本社(大阪市)でも検品を行っています。国内で検品を行うのは大変な手間ですが、一点一点もれなくプロのスタッフが丁寧かつ厳しい目でチェックします。 毛流れなど手作業で型直しを行い、社内のチェック基準を満たさないものは容赦なく返品されます。時間も手間もコストもかかりますが、アクアドールではこのプロセスを飛ばすことはありません。

医療用ウィッグはファッションウィッグと比べて高価で、使用頻度も高く、仕上がりにもより高い品質が求められます。クオリティを保ち、そしてもっと向上させていくために必要な工程だと、私たちは考えています。

手植えの様子

医療用ウィッグ(総手植えウィッグ)はほぼ手作りのプロダクトです。だから本来、1つ1つの検品が求められます。
海外工場での生産時検品はもちろんですが、私たち日本人の目で見た細かな検品も必要だと、アクアドールは考えています。

 

膨大な数のウィッグを丁寧に見ていくため、日本での検品は、とても大変です。検品を行っていないウィッグメーカーも多々見受けられるなか、ここまでの検品体制を敷いているメーカーはそうなく、私たちの自信の一つでもあります。

私たちのアクアドール ヴィーナスは、手間も時間もかけながら、本社(大阪市)での検品を怠りません。安心して医療用ウィッグをお使いください。

 

お電話でのご注文代金引換をご希望の場合は、お電話からのご注文に限ります

インターネットでのご注文


医療ウィッグ商品一覧

ウィッグの取り扱い説明

更新日:

Copyright© 北九州福岡の医療用ウィッグとケア帽子のお店 , 2017 AllRights Reserved.